社員の満足度の向上|コストを抑えることもできる|秘書代行を依頼する

コストを抑えることもできる|秘書代行を依頼する

メンズ

社員の満足度の向上

オフィス

高い社員満足度の利点

会社は人から構成されていますので、従業員の満足度が向上すれば、会社の業績アップにつながると考えられています。従業員満足度の向上に取り組むことで社員のモチベーションが高まって、最終的に会社の業績も上がる事例もありますので、戦略的に取り組むべき経営課題の一つと位置づけられます。これから先、少子高齢化の進行により、労働人口の減少は確実です。会社にとっての社員の位置づけは相対的に上昇し、また優秀な人材を確保するためにも、従業員満足度の向上が不可欠です。従業員満足度の高い会社は、人材を獲得することはもちろんのこと、人材を定着させることにも長けており、コアとなる人材の離職率も低くなっています。しかし、従業員一人一人の価値観が多様化し、ワークライフバランスを重視する職業観も出てきていますので、従業員の意識を把握することが困難になっているのも事実です。

満足度調査の目的

従業員の考え方が多様化していますので、従業員満足度調査の結果の分析とその反映が問題となります。満足度が低かった要素を取り除いたとしても、必ずしも満足度の向上につながるとは限りません。不満な点は解消されても、満足感やモチベーションの向上に繋がるとは限りませんので、調査の設計も重要ですし、調査結果だけでは分からない部分も多々あるのも事実です。従業員満足度にはいろいろな要素がありますが、その根底には、会社と従業員との相互信頼が必要です。経営陣から一般従業員まで、信頼関係の下に、会社の理想像についての共通認識を持つことが重要です。この共通認識の実現に向けて、何に取り組むかが必要となります。会社と従業員との相互信頼を醸成することが、従業員満足度の向上のための取り組みの、第一歩になると考えられます。